住宅ローンを組むにあたっての親の配慮について

住宅ローンを組むにあたっての親の配慮について、このおかげでお前はかなり家計が助かりました。住宅ローンの審査そのものは私と家内の年収や私の勤め先の眠バリューが上場企業であることによってある程度は問題なく通りましたが。

それでも頭金の支払い金額によっては住宅ローンの総支払い金額が大きく変わってきます。

そこで我が家の両親は節税対策と言うこともあって、適切な生前贈与の形でマイホームを購入する際に頭金の補助をしてくれたわけです。5,000,000円程度の補助になりましたが、当初は自分たちで1000万円の頭金を準備していただけに合計すると1500万円の頭金が準備できたことになり、住宅ローンの借り入れ金額もかなり下がって当然のことながら総支払い金額も下げることができました。

生活費に困っていたわけでもありませんが子供たちの学費などを考えた場合、少しでも住宅ローンの支払い金額が下がることは非常に大きなメリットとなりました。両親の配慮に今でも感謝しています。